パーティーのドレスコードは昼夜で異なる?


フォーマルドレスを着るような正式な場では、「ドレスコード」というものが決まっています。
「どのような服装で行かなければならないか」というルールですが、かなり細かく決まっているので難しいと感じる人も多いでしょう。
ドレスコードは、昼と夜とで異なります。
結婚式、披露宴が昼ならば、ゲストの女性はあまり肌の露出がない服装で行きます。
ドレスの袖がないなら、ボレロやストールを羽織ります。
ファーは殺生を連想させたり衛生的によくないのでNGとされていますが、最近はカジュアルな式であれば許容されつつあります。
おめでたい席ですので、できれば華やかな色のドレスで場に彩りを添えることも大切です。
夜は逆に肌の露出が多いドレスがいいとされています。
とは言っても下品になりすぎるようなものはNGです。
正式な場であることを忘れず、主役はあくまで花嫁なので、華美すぎず礼節を守った服装を心がけましょう。
ドレスの裾は膝丈より下が望ましいです。

This entry was posted in 結婚式に着ていくパーティードレス. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found